スペイン観光

  •  
  •  
  •  
  •  

レティーロ公園

マドリッドでひときわのんびりとした場所であるレティーロ公園。
ここではゆっくりと時間が流れており、スペインの豊かな自然が日々のストレスで疲れたあなたを癒してくれるでしょう。

今では皆の公園です

レティーロ公園には観光客のみならずスペインの人も集まります。
古くから憩いの場として人々を受け入れてきたレティーロ公園。
今現在は誰でも公園内部に入ることができますが、その昔は王族の私有地だったのです。
かつてスペインにこの上ない繁栄をもたらしたフェリペ2世の庭園として存在していました。
しかし後の19世紀から一般市民でも憩える公園として解放されたのです。
レティーロ公園は非常に広く、その敷地規模は約120万平方メートルとされておりたくさんの見どころがあります。

植物などの自然以外にも楽しむ要素があります

見どころにはスペインの太陽の恵みでのびのびと育った植物など自然だけではなく建築物や像もあります。
建築物では水晶のような光輝く水晶宮、赤レンガのどっしりとした身構えであるベラスケス館が見られます。

像は馬に乗ったアルフォンソ12世の勇壮な騎馬像が優しく人々を昔から現在まで見守っています。
水晶宮の傍には水辺があり噴水の水しぶきが宝石のよう。
敷地内にはこの他に美しく咲き誇るバラ園もあるので園芸が趣味である人にはオススメです。

人々の休みとなる週末には美味しいB級グルメが手頃で食べられる屋台やあっと驚いて楽しめる路上パフォーマーが集まります。
レティーロ公園は入場料が掛からない分、そのお金を屋台や路上パフォーマーに使ってスペイン市民の休日を体感してみてはいかがでしょうか?
屋台で提供されるB級グルメはホテルの食事と違った美味しさがありますので食べ歩きも楽しいですよ。