スペイン観光

  •  
  •  
  •  
  •  

ナバーラ美術館

スペインマドリッドからうんと北にあるパンプローナ。
目と鼻の先には隣国のフランスがあります。
ですからこのパンプローナはフランスとの貿易の中心地として栄えていた歴史があるのです。

ナバーラ美術館ってどんな美術館?

このパンプローナの観光スポットにはナバーラ美術館があります。
ナバーラ美術館にはシンプルで細かな石の飾りが建物に組み込まれています。
しかしやけに外観がシンプルだと思う人もいるかもしれません。

実はナバーラ美術館は以前に病院として使用されていた建物を元としているからそのようなシンプルさが感じられるのでしょう。
ちなみにナバーラ美術館の前身である病院が建てられたのは1556年と遥か過去のことになります。
さてナバーラ美術館ではゴヤ作のサン・アドリアン侯爵というタイトルの絵画が見られます。

誰もかれも大大大パニック!!でもワイワイ騒げて楽しい祭り

このパンプローナではとあるイベントが有名です。
その名はサン・フェルミン祭りです。
祭りは毎年7月6日から開催されており世界中からその時期には観光客が訪れます。

このサン・フェルミン祭りでの目玉は牛追いになります。
やはり牛追いはスペインならではのイベントとしてスペイン人に親しまれていますね。
さて牛追いですが狭い通路を熱り(いきり)立った数頭の牛がまっしぐらに大爆走。
勇気のある人は危険を冒しながらも果敢に牛を追います。

残念ながら牛には太いツノが二本生えており、グサリと強烈なダメージを食らいケガをする人もいるとのこと。
牛に接触してケガをしない程度にサン・フェルミン祭りの熱気に酔いしれてみてはいかがでしょうか?