スペイン観光

  •  
  •  
  •  
  •  

エル・サルバドールの塔

マドリッドの東にテルエルという小さな街があります。
街の中には独創的なデザインの建築物が溢れています。
このテルエルにある建築物にはムデハル建築様式を用いられていることが多く、どれも興味深いデザインとなっています。

街全体の規模は大きくはなく落ち着いてゆっくりと見て回れます。
小さな街だけれども観光案内所もありますから行ってみると何か面白い耳よりの情報を得られるかもしれません。

エル・サルバドールの塔もやはりあの建築様式

テルエルにある鉄道駅から歩いて約5分の場所にあるエル・サルバドールの塔。
エル・サルバドールの塔は14世紀に建てられました。

ブラウンの建物には左右対称で丁寧な模様の装飾が施されており、装飾一つ一つにセンスが感じられます。

やはりこのエル・サルバドールの塔もムデハル建築様式にて建てられており、他の観光スポットにあるムデハル建築様式の建築物とどこか似たように感じられるでしょう。

何のためにエル・サルバドールの塔は使われていた?

このエル・サルバドールの塔は高みから人々を俯瞰するために使用されていました。
かつてテルエルでは異教徒同士での戦闘により情勢が不安定な時期があったのです。
もし時間があるならば塔の内部に入って上まで登ってみましょう。

テルエルの先人のように高みから街を俯瞰してみるのもここでしかできない経験です。
もしサルバドールの塔に登るのであれば、運動靴を履いてケガのないように気をつけてください。