スペイン観光

  •  
  •  
  •  
  •  

カサ・ミラ

スペインはバルセロナにある観光スポットの一つであるカサ・ミラ。
カサの意味はスペイン語で家、なのでミラさんの家となります。
現代風に言えば家よりもマンションといったところでしょうか。

カサ・ミラはあの建築家の傑作

独特な形が目を引く建築物であるカサ・ミラはあの有名建築家のアントニ・ガウディが54歳の時に手掛けた作品の一つです。
着工が1906年と現在から100年以上も前から建てられ始めた建築物です。
ちなみに竣工は1910年とやはり100年以上も月日が経過しています。
かなりの年月が経っているけれども国籍問わず人々が心惹かれているのはアントニ・ガウディが天才であることの証明に違いないでしょう。

カサ・ミラは年中無休で公開されています。
ディアゴナル駅から歩いて数分の場所にあるので移動時間を気にしなくてもOK。
世界遺産認定を受けているのでぜひ見に行きましょう。

アントニ・ガウディの腕の見せ所がココ

カサ・ミラは外見も奇抜で芸術品のようにも感じられますが実は実用的・機能的な面もあります。
まず入ってすぐの場所に中庭があって吹き抜けになっています。

当然天井がありませんからカサ・ミラにある一つ一つの部屋に吹き抜けから太陽光が入るように設計されているんですね。
上階になればなるほど窓のサイズが小さくなっています。
逆に下階になればなるほど窓のサイズが大きくなっています。
これならば階が異なっても各室内に太陽光が届きますね。

またこの他にも芸術性・実用性に富んだデザインの煙突や家具類も見ることができます。
もしかしたらガウディの作品から何らかのインスピレーションを得られるかもしれません。

カサ・ミラはキレイになりました

観光スポットは毎日たくさんの観光客で賑わうのでそうカンタンにメンテナンスができません。
そのためよく建物を目を凝らして見てみれば汚れが…。
しかし数年前にカサ・ミラは修復工事が完了したので以前に比べるとキレイになっています。

ブロック一つ一つの独特の模様も鮮明になっており、それぞれが織り成す調和も素晴らしいです。

建設当初のようにメンテナンスされたカサ・ミラをぜひ目の前で鑑賞しましょう。