Welcome to nginx!

スペイン観光

スペイン観光

  •  
  •  
  •  
  •  

カサ・ビセンス

鮮やかなカラーが印象的な建築物のカサ・ビセンス。
ブルーとホワイトのブロックの組み合わせが独創的。
あたかも絵本の中の建物が現実へ飛び出してきたかのようですが決して幼稚さはなく洗練された造りになっています。

可哀想な元家主

バルセロナにあるカサ・ビセンスはモデルニスモ建築の一つで、かの有名な建築家であるアントニ・ガウディの作品です。
ブロックを規則的に組み合わせたような建物であるカサ・ビセンスの建築がスタートしたのは1883年。

カサ・ビセンスはタイル業者であったマヌエル・ビセンスの依頼で建設が始まりました。
そして完成したのは建設から2年後の1885年のことでした。

しかし残念ながら主のマヌエル・ビセンスはすぐに亡くなってしまったのです。
彼はカサ・ビセンスに完成から10年しか住むことができなかったそうですから何とも可哀想でした。
タイル業者であることが外観から分かるようなこだわりのデザインと建設でしたのできっと長く住みたかったのではないでしょうか。

さて現在のカサ・ビセンスはモラバンク(アンドラの銀行)の所有物件となっており、一般公開の準備が進められているそうですよ。

見学できるのは今のところ外観のみ

デザイン性に富んだカサ・ビセンスですが内部の造りも気になるのではないでしょうか。
しかし見学が許されているのは今のところ外観だけになっています。
外観だけなのでもちろん見学料は不要です。

でも内部も見たいですよね。
今の所有主が公開準備を進めているそうですからもしでしたら内部公開がスタートしてから行ってみてもいいかもしれません。

カサ・ビセンスは世界遺産認定を受けていますので外観だけでも十分楽しめます。
もちろんホームページも開設されていますからさらに詳しく知りたい人はこちらからどうぞ。

カサ・ビセンス ホームページ
http://casavicens.org/

日本語参考サイト
http://gaudi-architectural-work.com/building/casa-vicens.html